雪景色①~僕らのグラウンドは、うさぎも走る~

銀世界で迎えた朝

グラウンドに雪が積もりました。
ホームベースに向かい真っ直ぐ
一筋の足跡が延びています。

どうやら、夜半のグラウンドに
”うさぎ” が遊びにきたようです。

雪が降った翌日、グラウンドには
美しい光景が広がっていました。

こちらは、ホームの上のネット。
たくさんの雪を抱き、
大きくたわんでいました。

まるで、生きているようですね。
”シロナガスクジラ” のようです。

グラウンド脇に停まる
千葉中央の軽トラ

凍てついています。

短い林道を抜けたその先

グラウンド入口の足元
水分が閉じ込められ、

まるで芸術作品のようです。

レフト方向からの様子

いつもとはまるで違う景色に
見えますね。

雪は、いろいろなものを消し
シンプルな世界に変えます。

だから、普段は気づかないもの
を気づかせてくれます。

ライトからセンターを通り、
レフト奥の土手へと
足跡は続いていました。

きっと、この森のどこかに
住んでいるのでしょうね。

毎週末、選手の皆さんの
元気な声がきっと届いて
いることでしょう。

そして皆さんの成長を
森の奥からそっと見守って
いるのかもしれませんね。

午前は、
サブ・グラウンドでトレーニング。

午後からは、
グラウンドで練習。

水分をたっぷり含んだ地面が
陽の光を受けています。

シロナガスクジラのように見える、
ネットの雪を父達ではらいました。

小さな雪が飛び散り、宙を舞い
手に顔に、振りかかります。
冷たくも、楽しいひとときです。

いろいろな雑事を消し、
美しい世界を創りだす雪。

普段気づかないものを
そっと、教えてくれます。

さて、皆さんはそこに
何を見つけましたか。

追伸。

”シロナガスクジラ” のように
見えたホームベース上のネット。

シロナガスクジラは、
世界最大の哺乳動物ですね。

選手の皆さんが
クジラのように、心も体も、
どんどん大きく成長していく
姿が、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です