母、顔晴(がんば)る。~栗ひろい~

母、恒例の栗ひろいへ!

練習の合間に、この季節恒例の栗ひろい。
真剣な眼差し、最高の笑顔です!

「桃栗3年、柿8年」と言いますが、、、
芽が出て、実がなるまでの年月のこと。
つまり、何事も成し遂げるまでには、
相応の年月が必要だというたとえです。

中学生活も、わずか「3年」。
この、長いようで短い3年の間に、
子ども達はどんな実を結ぶのか。

たくさんでなくていいから、、
自分らしい実を結んで欲しいと
心から願います。

千葉中央ボーイズというチームを通し、
野球や野球以外のことなど、
実にたくさんのことを学び、今まさに、
子ども達はそれぞれが、
大地にどんどん根を張っています。

風が吹いても倒れない。
そんな大木になることを夢みつつ、
秋のごちそうを楽しくひろう、
母たちの恒例のイベントでした。

帰宅後
夜の食卓は、秋の味覚でいっぱいです。
栗ごはん最高でした。
さて、ごはんがおいしい季節です。

晩夏の空の下で。

連休初日。
雨が上がり、鳥たちが鳴き始めると
それを追うように、グラウンドにも
子どもたちの声が響き始めました。

夕暮れ時、きれいな空が広がりました。

1度きりの今年の夏に、何かを残そう。
だから明日もまた、ここで会おう。

秋が、足早に近づいてきます。
夏に追い越されぬよう、走り続けよう。

本日の練習締めくくり。
本日の、練習の締めくくりは、”RUN”でした。
バッターボックスに右バッター、左バッターが
ふたりで向かい合い、”SWING”&”GO”。
なんだか、少しずつではありますが、
日増しに仲間同士の息も合ってきている。
そんな気がします。


STAFFの横顔。
最後は、コーチの紹介です。
夕焼け雲をバックに練習を見つめるのは、
”高嶋ピッチングコーチ”。
いつも穏やかに子どもたちの成長を
見守ってくれています。

夏と秋との間で。~番外編(石焼き栗)~

山からの贈り物。

周囲を木々に囲まれた静かなグラウンド。
この季節、外野の芝に宝物が落ちてきます。
「山栗」です。

練習の前に栗拾いを済ませ、、、
子ども達の練習を横目に、焼き栗開始。
総監督を先頭に、スタッフ、父兄で楽しく
秋の山からのステキな贈り物を石焼きに。

熱アツ&ホクホクの焼き栗は最高です。
練習の合間に、子ども達に振る舞い、
みな、嬉しそうに食べていました。

夏と秋との間に。。。

大人も子どもも、みんな最高の笑顔に
なりました。

追伸。
父たちが、グラウンドの整備をして
くれました。感謝です!

夏と秋との間で。

連休最終日。
素晴らしい青空が広がりました。
白い雲と芝の緑のコントラストに
乾いたノックの音がこだまします。
子ども達は今日からまた、基本練習を
積み上げています。

OBも顔を出してくれました。
子どもたちと汗を流し、丁寧に指導をして
くれました。陽が落ちて照明に灯がついて
からは、自主練の時間を使い、捕手組への
熱心な個別指導が続きました。

千葉中央には、度々OBがやってきます。
自己の身体レベルの維持・向上のため、
迷っている技術の相談のため、或いは、
お世話になったチームへの恩返しのため
になど。

足を運んでくれる理由はそれぞれですが、
OBが来てくれると、先輩達と自分達との
差を実感したり、とても大きな刺激をもらう
ことにもつながっているようです。

天気にも、グラウンドにも、OBにも感謝
の連休最終日です。夏雲の間から、
少しばかり秋めいた風が吹いてきました。

始めの一歩。子どもたちが見る景色。~千葉支部秋季大会の意味~

2018年後期、新チーム最初の公式戦。
秋季大会を迎えました。

「勝ちにこだわる」ために、今は勝つこと
「だけ」には“こだわらない”。

今日は、そこに徹した試合であったと思い
ます。体の大小、技術の差に留まらず、
この新体制に必要な、さまざまな乗り越え
るべき壁を克服するため、監督・スタッフ
がくれたギフトのようなそんな試合でした。

試合は、残念ながら流山ボーイズさんに
負けてしまいました。しかし、先制点をあげ
押し寄せるピンチを何度も防ぎ、いい当た
りが相手正面をつきタイムリーを阻まれる
惜しい場面も何度かありました。

ピンチの場面。大飛球を必死に追いかけ、
ナイスプレーを魅せた選手。
それは、その選手が今までみんなに見せ
たことのないガッツあふれるプレーでした。

ベンチへと満面の笑みで走って戻るその
選手は、まるで「さよならゲーム」でもした
かのように、選手みんなから手厚いもみ
くちゃの祝福を受けました。

勝ち負け以上に、その選手の活躍を
みんなが心から喜ぶ瞬間でした。

マウンドから戻る選手を迎えるタッチ。
気持ちを託して投手へボールを手渡す
選手。キャッチャーへとアドバイスする
選手など・・・。

まだまだお互いの会話は少ないですが、
選手と選手の心の距離が、近づき始め
ているように見えました。

主役も脇役もなく、普段試合に出ている
選手もそうでない選手も、みんなが主役。

選手たちの心に、“何か”が動いた瞬間
に見えました。

新体制の選手たちは今日の試合を通し、
「同じチームの選手」から「これから一緒
に闘っていく大切な仲間」へという方向
へと気持ちの変化が芽生え、、、
“一歩を歩み始めた” と感じました。

選手一人ひとりの個性や、越えるべき壁
も、それぞれ。

最後に、みんなで笑うために。

『1人ひとりの力』を育てたいと願う、
監督・スタッフの思いがたくさん詰まった
試合だと思いました。

今夏、創部以来、初の全国出場を果た
した千葉中央ボーイズ。

それを引き継ぐ選手たち。
新体制、はじまりました。

子どもたちとチームとの成長と感動の
ストーリー”第2幕”の始まりです。

さて、彼らはこの先いったい、
このチームにどんな色をつけていくの
でしょうか。

明日への備え。

新体制 初めての公式戦の「前日」。

朝からあいにくの雨模様でしたが、
室内練習場でしっかり体を動かしました。

天候に左右されず練習ができる施設が
あることは、とても心強いです。

3年生の鋭いスイングを横目に、1・2年生は
体幹トレーニング、ラン、
フィールディングを
こなし、やがて素振りへとメニューが進む
頃には雨も止み、薄日が差してきました。


まるで、新体制となった子どもたちの
”未来へ続く道”を照らし始めたようでした。

さあ、明日は記念すべき日。
仲間と大切な一歩を踏み出そう。

新チーム始動

偉大なる先輩方の背中を追いかけ、千葉中央ボーイズ史上最大の“伸び代”を持って新チーム始動です。厳しい練習を、全員一丸となって乗り越えていきましょう。

第49回日本少年野球選手権大会

8月2日(木)   1回戦   VS 金光ボーイズ
3年生にとって最後の大舞台、選手権大会が開催されました。相手は岡山代表の金光ボーイズさん。富田林球場で行われた3試合目のこの試合は1時間遅れの17時過ぎにプレーボール。初回先頭打者HRを浴びるなど、序盤で5点差となり苦しい展開に。。。しかし中盤から反撃開始!一時は同点まで追いつきましたが終盤に競り負け惜しくも敗退となりました。これで3年生は引退です。選手の皆さん、ここまで連れて来てくれてありがとう!ここは最終地点ではなく通過地点です。これからは各々甲子園を目指して頑張って下さい!本当にお疲れさまでした!

千葉日報旗・ウィルソンカップ争奪第23回日本少年野球大会

7月21日(土)   1回戦   VS 県央宇都宮ボーイズ
3年生にとって最後の千葉県支部の大会、千葉大会が開催されました。1回戦の相手は栃木の強豪県央宇都宮ボーイズさん。初回から苦しい展開となり、反撃叶わず相手の勢いに押され続け、気がつけばコールド負け。内容的に寂しい結果となりましたが、炎天下の中よく頑張りました。

ジャイアンツカップ 千葉予選

7月7日(土) 1回戦 VS 千葉緑シニア
中学硬式クラブチーム日本一を争うジャイアンツカップ千葉予選がいよいよ始まりました。チームとして初めての参戦です。相手はシニアの強豪千葉緑シニアさん。試合は中盤に連打とエラーで一挙に3点奪われ厳しい展開に。また、相手の剛腕投手に抑えこまれ最終回、意地を見せ1点奪うものの、そのままゲームセット。なお、この試合は、習志野ボーイズさん、松戸中央ボーイズさんが、応援に駆けつけてくれ、3チームによるボーイズ応援団が迫力ある応援を展開してくれました。普段ではなかなか見れないこの風景!! 試合は敗れてしまいましたが、応援ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。そしてチームも落ち込んでる場合ではありません。全国大会に向けて気持ちを切り替えよう!