チーム紹介

ボーイズリーグとは

1970年(昭和45年)に大阪で発足。現在全国40支部、 小・中学生の部合わせ、チーム数約700、選手数約18,000人 が加盟しており、日本最大の硬式少年野 球組織(財・日本野球連盟加盟団体)に発展している。関東地区は現在約160チーム以上が加盟、千葉県支部は現在中学部は14チームが加盟しています。活動内容は、春季大会(3月)選手権大会(8月)といった全国大会をはじめ関西、関東地区など、 6ブロックの大会を主催するや、他リーグ(シニアリーグ、ポニーリーグ)との大会ジャイアンツカップ等、全国各地で幅広い活動を行っています。

千葉中央ボーイズの方針について

当チームは土日、祝日は阿由葉グラウンドを中心に、千葉大宮高校グラウンドや、ホームグランド等、複数のグラウンドを拠点とし、練習試合や実戦形式の練習を行っています。
平日は、野球の知識及び学力向上を主体に体幹の強化を目的とした活動を行っております。室内練習場を使用し、同練習場に併設している学習ルームで週2~3回の勉強会を千葉大卒や早稲田、上智の学生の指導の元に行っています。また、 フィジカル面も充実しており、理学療法士を専属トレーナーとして 基本体力、筋力アップを毎日計っています。
当チームの目標は高校に行っても野球ばかりでなく、学習面でもやっていける強い心と体力をそなえた選手をつくることです。

千葉中央ボーイズ入会案内
常時体験・見学は大歓迎です!1年生・2年生の方、今からでも間に合います!! 是非とも頑張ってみませんか。いつでもお待ちしておりますので 持ち物や場所についてはお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから