OBの活躍

高校野球も秋季大会真っ最中です。
習志野高校
左から2番目 13期生 田村 隼君  背番号19
右から2番目 14期生 乘松 唯人君 背番号14

拓殖大紅陵高校   14期生 谷口 幸翼君
第72回秋季千葉県高校野球大会は6日、市原市のゼットエーボールパークで決勝戦が行われ、
習志野高校 対 拓殖大紅陵高校
両チームに千葉中央ボーイズOBが出場、活躍しました。

バッター田村君(習志野)、キャッチャー谷口君(拓大紅陵)

両校は、今月19日から群馬県で行われる関東大会への出場が決定しています。おめでとうございます。

その他、聖光学院、桐生第一高校などで活躍しているOB多数です!!応援しています!!

 

若潮大会 2回戦 1年生 市原中央ボーイズ

10月6日(日) ナスパスタジアムにて
1年生大会(若潮大会)
2回戦目の相手は白井中央ボーイズさん。
追いつ追われつの接戦、ベスト4をかけて戦い抜きました。
相手を上回る13安打で打線は好調でしたが、
最終回チャンスを作るも、追い上げならず。結果は残念ながら敗退となりました。

笑顔にはプレッシャーに打ち勝つ効果があるそうです。

ピンチをチャンスに。マウンドでの1コマ。

いつも通りのプレー、それ以上のプレーが発揮できたのは、監督のこんな接し方があったからなんですね。

厳しくも愛情をもって指導して下さった監督に感謝です。

全員で全力で頑張りました。

たくさんの応援ありがとうございました。

若潮大会 1年生 千葉中央ボーイズ

9月29日(日) 東金球場にて
1年生大会(若潮大会)
千葉中央ボーイズの相手は九十九里ボーイズさん。
先発のピッチャー、四死球などで崩れることなく安定した投球を見せてくれました。

度胸があります!!

相手に先制点を許しましたが、勝ちたい気持ちが伝わる全力のプレーで

攻めては守るの白熱した戦い。2点を追っていきます。

最終回も追いつくチャンスに粘りを見せましたが、ホームは遠く・・・
惜しくも1回戦で敗退となりました。
たくさんの応援の中、精一杯戦った選手たち。悔しさもありますが、次こそはと手ごたえを感じたのではないでしょうか。

必ず、強くなります。

若潮大会 1年生 市原中央ボーイズ

9月29日(日) 長柄町営球場にて
1年生大会(若潮大会)
入団してから約半年、練習の成果を発揮できる時がきました。
初公式戦。元気よくハツラツとしたプレイを見せていきましょう!!

市原中央ボーイズ、相手は佐倉ボーイズさん。落ち着いたピッチングでバッテリーの相性も良いようです。

 

初々しさ満載のプレー。応援する父兄もドキドキ感でいっぱい。

攻めのバッティングで打線を繋げ、点差を広げコールドで勝利です。

バッティングはパワーもあり、驚きました。今後の成長が楽しみですね。

ピンチの時もお互いに声をかけ、カバーし合い一つ一つアウトを取っていく。
当たり前のことですが、すでに備わっている選手たちの姿に頼もしさを感じました。

2回戦目は、白井中央ボーイズさんとの戦いです。

感謝

この度の台風15号の被災に際し、当チームにご厚情あふれるお見舞いのお言葉を
多数頂き、心よりお礼申し上げます。
皆様から頂戴いたしました心温まるお見舞いご支援を糧に指導者、父兄、チーム一丸となり
子供たちが野球に専念できるよう復興に努めて参ります。
少しずつですが、父兄総出で頑張っています。

根を張った倒木を撤去するのにはかなりてこずり・・・
お母さんたちの体重を借りて馬力を上げ?けん引するも失敗。
途方に暮れたそんな時、救世主が。
チーム父兄のご親戚の方がお仕事で使われている重機を持ち出して下さりました。
パワーショベルの通称ユンボが手際よく倒木を持ち上げていきます。

さすが職人と言わんばかりの手さばきに、父兄も拍手。

作業は2時間以上。フル稼働で撤去して頂きました。
感謝、感謝の言葉でしか言い表せません。
こちらの方(たかしさん)無償で撤去に尽力頂き、去り際も格好よくジェントルマン。

職人魂を感じました。改めて、お礼申し上げます。

今日までの一週間~頑張ろう千葉~

9月17日(火)
9日未明にかけて暴雨風を伴った台風15号が直撃した千葉県内、甚大な被害をもたらしました。
千葉県内にはいまだに停電や断水が続いている地域が多数あり不便な生活をされている方々がいます。
一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。
そして、チームで使用させて頂いているグラウンドもこの通り。14日(土)に撮影。
翌日に控えた公式戦2回戦目の練習よりも、安全確認とグラウンドの整備、修復が第一優先でした。

倒木一本でさえ撤去するのにかなりの労力と時間がかかり、なかなか進まず。

父兄、選手たち総出の作業で何とか練習できるようにはなりましたが、台風の脅威を目の当たりにし、
翌日、複雑な思いのまま試合を迎えたことは心が痛む思いでした。
しかし、こんな状況の中野球ができる環境を作ってくださった方々(ボーイズリーグ運営はじめ、監督、コーチ、父兄)に感謝しなければなりません。
15日(日)の2回戦目は敗戦となりましたが、選手たちの心の中にはきっと・・・
今、自分たちが乗り越えなければいけないことなど、先に繋がる何かが芽生えたと思います。
多くの人の支えがあること、泣き笑いを共有できる仲間がいるからこそ、今の自分がいる。そういう気持ちを大事にして欲しいです。
試合終了後、練習再開です。グラウンドの修復には時間がかかりそうですが、前に進むしかありません。
一つずつ、一つずつ。新たな目標に向かって。

頑張ろう千葉!!がんばれ千葉中央ボーイズ!!

新チーム 初公式戦(東日本選抜大会・千葉県予選)

9月8日(日) 習志野八千代ボールパークにて

新チームの初公式戦、お相手は八千代ボーイズさん。
今年の夏、全国大会に出場した強豪チームです。

今季からユニフォームのデザインを一新し、選手たちも一層気持ちが引き締まります。

当チームは第三試合目、前に行われた二つの試合はどちらも僅差で争う展開の結果でした。
どのチームもこの日を迎えるために力をつけてきた様子。
中央ボーイズも負けられません!!初陣を最高の結果で飾れるように!!

先発のピッチャー、粘り強く我慢のピッチングで相手に点を譲りません。

バッティングも絶好調。長打もあり、全員で打線をつないでいきます。

積極的に塁を狙っていき、攻撃が止まりません。
相手に進塁を許さない内野の守備がさらにチームを盛り上げます。
激しいクロスプレーもあり、応援席から歓喜の声が!!
最終回、相手の反撃に苦しい場面もありましたが、気持ちを切らさず1つずつ。

新チーム、公式戦初勝利を飾ることが出来ました。

全員が打ち、16安打、好守の全員野球でした。

試合後の帰り道、空には虹が。
幸先の良いスタートです。応援ありがとうございました。

夏を越して

9月1日(日)
8月も終わり、いよいよ来週、新チームの公式戦です。
この夏もたくさんの練習試合をさせて頂きました。
8月24日千曲ボーイズさん
8月25日山梨笛吹ボーイズさん
遠方からお越しいただきありがとうございました。

当チームの特製かき氷。いかかでしたか?

また対戦お願いいたします。
1年生は、厳しい練習やトレーニングに必死についてきました。
重いジャグを一生懸命持ち上げて・・・手に握った棒で寄り道?なんてことも。

微笑ましくも、この夏で成長を感じます。

人数の多い1年生。お互いに刺激し合いながら成長していく彼らを見守っていこうと思います。

3年生はトレーニングで体を鍛え上げます。トレーナーさん、ありがとうございます。