おかえり。

おかえり。よく頑張った。

連休初日。季節外れの夏日。
本日、復帰に向けトレーナーと二人三脚で
リハビリを頑張ってきた選手が、青空と共に
グラウンドへ戻ってきました。

週末も、平日のトレーニングも、休むことなく
個別メニューでいつも努力を重ねる姿を、
いつもみんなが見てきました。
おかえり!みんな待ってましたよ。

そして、もうひとり。

ボールの処理で指の負傷をした選手も、
投げられない期間だからこそ、しっかり
体幹トレーニングを頑張りました。

そして、晴れて本日、ふたりそろって
グラウンドへ戻ってきました。

久し振りのグラウンドでの練習に、
時折、嬉しそうな笑顔がこぼれました。
休むことなく体幹トレーニングに励ん
だ分、きっと今まで以上に力強い
プレーを見せてくれるに違い
ありません。

おかえり!ふたりとも。待ってたよ。

休憩時間中のひとコマ

楽しませながら、競争心をはぐくむ。
そんな”遊び心”が、このチームにはあります。
野球を通し、スタッフとのコミュニケーション
を通し、いろんなことを学んでいきます。

仲間が戻ったグラウンド。

休憩時間が終わり、練習が始まると、
いつものように、また、ピ-ンと
集中した練習が続きます。

昨日の自分を超えるため、今日もまた、白球を追いかけます。

物事は、いつも順風満帆とは限りません。
野球も人生も、山もあれば谷もありますね。
いい日ばかりではありません。
だから、その分感動も大きくなるのかも
しれませんね。
それは君たち中学生だけではありません。
大人の私たちもまた、同じなのですよ。

逆風の日があって、
日本晴れの日もまた訪れるのです。

ケガから復帰した選手を迎えた日。
一日の終わり間際に選手のひとりが
ケガで負傷してしまいました。

しかし、トレーナーも仲間の皆んなも、
いつだって側にいます。

きっと、今より強い身体になって
復帰してくる日を皆んなで待ってるよ。

まっすぐに延びる白いライン。
この先、君たちはどこへ向かうのか。

皆んなで見つめる、球の行方。
その先に君たちは何を見つけるのか。

いろんなことがあって、
たくさんのことを学んで。

皆んなで乗り越え、ひとつになろう。


連休初日。
台風が去ったグラウンド。

ベンチの屋根がつぶれていました。

お父さん方の協力のもと、
皆んなで力を合わせ、屋根を持ち上げ、
山から切り出した竹で、屋根を支えました。

チームもまた、長い間、実にたくさんの
人たちに支えられて、今、このチームが
ここにあるのだと感じました。

このチームの歴史を築いてきた全ての
人たちへ感謝して

だから、明日もまた、ここで会おう。

頑張れ、千葉中央ボーイズ!

追伸。
千葉中央ボーイズ全ての皆さんへ

本日は、ケガから見事に復帰した
選手を迎えることができました。

長い野球生活や人生の中では、
失敗やケガなどで落ち込むことも
あるかもしれません。

そんなとき、この歌を思い出して
くれたらと思います。
//////////////////////////////
♪「プライド」
高橋 優(作詞・作曲・歌)

野球アニメ 「メジャーセカンド」
エンディングテーマより引用。

君ではダメだと言われてしまったか?
君じゃない人の方がいいと諦められたか?
そんな言葉を本当だと思うのか?
まだやれるのにチキショーと叫ぶ心はあるか?

どこを見渡してみても希望がないのなら
君自身がそれになり 誰かを照らせるってことさ
誰にも期待されてないくらいが丁度いいのさ
ここにいる意味を刻み込むのさ 何度倒れても

まだやれるさ
立ち上がれその心よ
焼き尽くせ命の火を
どこまでもいけるよ君が望むのならば
なにもかも叶えにいこう
そしてまた笑い合おう
その真逆を煽る風が吹いているとしても

誰にも期待されてないくらいが丁度いいのさ
ここにいる意味を刻み込むのさ 何度倒れても
ここにいる意味を刻み込むのさ 何度倒れても

///////////////////////////////////
最後まで、長文にお付き合い頂き、
ありがとうございます。

10月。~台風で始まる~

大風が吹き荒れる朝。
10月はそんな空模様で始まりました。

今年の夏は記録的な猛暑続きでした。
そんな中で新体制もスタートしました。
既に遠い出来事のような気がします。

先日、トレーナーの存在について書き
ましたが、暑い日も雨降る日も、どんな
ときも練習や試合ができるのは、多くの
人たちの支えがあってのことです。

もうひとつ。
いつも陰で支えてくれる仲間の存在
もまた、忘れてはいけませんね。

練習や試合がいつも滞りなく進められる
よう、率先して支えてくれるチームメイト
の存在は、大変ありがたいですね。

(写真)試合前、ヘルメットを磨く選手。

(写真)グラウンドをつくる選手。

(写真)ノックボールを集めてくれている選手。

(写真)スピーディな試合運びのために、
捕手の準備をサポートする選手。

(写真)グラウンドのラインを引く選手。

どれも、野球をするためには、当たり前
のことかもしれませんね。
しかし、その当たり前のことをチームの
ためにしっかりこなしてくれている仲間
がいつも側にいることを、忘れずに。

いつも感謝の気持ちを持って、
グラウンドに立とう。

新体制となり1ヶ月以上が経ちました。

暦の上でも、2018年度は、後半へと
さしかかりました。

台風に負けるな。
君たちなら、新しい風を巻き起こせる!

トレーナーがいる、ということ。

恵まれた環境
~トレーナーがいる、ということ~

御宿での選手たちのクールダウン風景。
私たちのチームには、トレーナーさんが
いつも側にいてくれます。
週末の練習、平日の体幹トレーニングに
留まらず、遠征での練習試合や公式戦
にも帯同してくれます。

いつも選手たちの側にいて、コンディション
を把握しながら、選手と一緒にトレーニング
に取組んでくれます。

何より、身体の強化やケアが必要な選手へ
のフォロー面でも、様々なメニューを編み出
したり、手厚いサポートをしてくれます。

グラウンド到着から早速、トレーナーが
選手のアップをフォローしてくれます。

試合の合間に、体幹などの強化を実施。
リハビリ中の選手がいる場合は、
個別メニューでフォローしてくれます。

次の試合までの待ち時間を有効活用。
トレーニングを兼ね、試合へ備える。

身体のメンテナンス、ケアを指導して
くれるトレーナー。
遠征にも帯同して下さり、本当に頭が
下がります。感謝!

選手の体調や場所に左右されず、
野球やトレーニングに打ち込める
とても恵まれた環境です。

トレーナーの皆さま、
いつもありがとうございます。

日々是好日。

海沿いの町、御宿にて。

川崎ボーイズさんとの練習試合。
千葉の内陸は大雨も、御宿は途中
小雨が混じる程度。
なんとか、3試合できました。

1日の最後、終礼のシーンです。
緊迫した雰囲気が伝わってきますね。

試合中も、毎回、イニングの合間に、
ベンチに引き上げてくる選手たちへ
監督から、大きな声が飛びました。

さて、選手の皆さんは、いったい
どんなことを感じ、何を理解し、
何を自分のものにできたでしょうか。

ベンチから仲間を見守り、応援する
選手たちの様子です。

試合中、凡そ、2つのことを繰り返し
求められていたように思います。

選手1人ひとりが、様々な状況下で
備えるべきことを考え、お互いに
確認しあうこと。

つまり、、、
グラウンドで会話をすること。

もう1つは、気持ち・感情を
思い切り前に出すこと。


つまり、、、
気持ちを「闘いモード」に
セットすること、です。

この”新チーム”には、今、
そのことを繰り返し繰り返し、
身体にしみこませるため、
様々な試練が、選手たちに
降りかかっています。

今、自分たちにのしかかる
試練。その意味を、
1人ひとりが、自分なりに
理解し、そして、、
全員で乗り越えよう。

”昨日の自分たちより、
強くなるため” に。

今日もまた、野球ができた
ことに”感謝”して。

STAFFの横顔。
最後は、スタッフの紹介です。
野球指導の第一線の道は、
監督へと譲り、今はチームを
支える側へとまわった、
大塚総監督。

常に真剣に子どもたちの未来
について考える、熱男です。

夕方から、練習が待っていた。

練習が待っていた。

4試合を終え、ボーイズ各チームがグラウンドを
あとにした、そのあと。
すっかり陽も傾いた時間から、その練習は突如、
始まりました。

連休最終日の最後。
終わったかと思える瞬間から、ピンと張りつめた
空気へとグラウンドは変わりました。

とても厳しい緊張感のある練習でした。
選手たちはみな集中して、必死にくらいついて
いました。

この3日間、本当にお疲れ様でした。

家路に着く頃には、実に見事な満月がぽっかりと
空に浮かんでいました。
今夜は、中秋の名月。十五夜です。

天気予報ではお月見は無理と思われましたが、
皆の頑張りに、月も顔を出してくれました。

見ることもできないかと諦めていましたが、
驚くほどの綺麗な満月になりました。

見ることもできない、届くはずもない。
そう思えても、努力を重ねれば、いつしか
手に届くこともあるのだと思います。

今は、遥か遠い、月のように遠い存在かも
しれませんが、選手たちの目指す目標が
今夜の月のように、まず、ようやく見えて
きたのかもしれませんね。

まだまだ、行く先は月の如く、遥か先。
頑張れ、選手たち!

番外編。~グラウンドでの横顔~

本日、練習試合に来て頂いた、たくさんの
皆さまの横顔です。感謝の気持ちを込めて、
皆さんの横顔を振り返らせて頂きました。

青空をバックに、逞しい背中の後ろ姿が、
とにかく印象的でした。

20番を背負い、立派な投球がかっこ
よかったです。
時折見せる、はにかんだ笑顔。
強さと可愛らしさが同居する野球女子。

少し遅れて到着した浦安ボーイズさんからは
照れ屋のナイスガイな2人。
チーム名の入ったボールを持ってカメラに
応えてくれました。ありがとう。


出番に備え、仲間と準備中のシーン。
ふたつ返事で撮影に協力してくれました!

グラウンドを見つめる視線が眩しい。
爽やかな選手。

雨が降る中、打席で集中する選手。

「高校に行っても、お互いがんばろう!」
と、固い約束を誓った、ふたり。
出会いと友情が芽生えた場面。
野球も、若さも、青春も、最高!

背中の名前と背番号がドンピシャ、素敵。
67番+8。3連番。ツキがありそうです!

我らが千葉中央ボーイズの大型新人。
見事な一発を打ち込みました。

千葉中央1番の長身、爽やかイケメン。
1年に負けじと流石、豪快なホームラン!

習志野ボーイズの選手の皆さん。
グラウンドの事務室での談話シーン。
とても熱く、気さくな千葉中央の総監督と。

皆んな、素直で、かわいい選手たちでした。

総監督から選手たちへ。
愛情たっぷりの渾身のタッチ。全員と交わしました。
「誰が見ていようと、見ていまいと、手を抜くな」
彼らの心に、その言葉はきっと届いたはずです。

別れ際、瀬谷ボーイズの選手の皆さんが、
私たちのために、「君が代」を熱唱。渋い!
みんな、最高の笑顔で歌ってくれました。


最後は、この方。
我が千葉中央ボーイズの選手のご家族。
ひ孫の応援にやってきてくれました。
ひ孫さんが頑張る姿をグラウンドに見つけ、
いつまでもうれしそうに目を細めていました。

数日遅れの、きっと素敵な「敬老の日」の
プレゼントになったことでしょう。。。
また、来て下さいね!

皆さん、撮影のご協力大変ありがとう
ございました。

皆さん1人ひとり全ての選手について、
グラウンドでの横顔をご紹介したいところ
ですが、本日お集まり頂いた全ての皆さん
を代表して、何人かの選手の方の、
”ステキな横顔” ご紹介させて頂きました。

また、どこかでお会いしましょう。

( HP担当より、感謝を込めて)

心と、技術の交流。~練習試合~

神奈川、千葉のチームとの練習試合。

連休最終日です。
神奈川からは、横浜瀬谷ボーイズさん、
そして、横浜青葉ボーイズ・横浜港
ボーイズ・横浜ボーイズ・綾瀬ボーイズ
さんからは3年生の選手たち。

千葉からは、習志野ボーイズ・浦安
ボーイズさんの3年生の選手たち。

合わせて7チームの選手の皆さんを
千葉中央のグラウンドへお招きしました。

1・2年は横浜瀬谷ボーイズさんと2試合。
3年生は本日集まって頂いたチームによる
「神奈川連合チーム」対「千葉連合チーム」
で2試合。合計4試合を行いました。


雨雲を吹き飛ばせ。
朝のうちは時折、小雨が降る天気でしたが、
3年生の連合チームの気迫溢れるプレーに
雨雲も押され、天気も回復傾向に。

練習試合中は、グラウンドの隣にある
アップグラウンドで、身体をほぐしたり、
素振りをしたりと、次の試合に備え、
色とりどりのユニフォームの選手たちが
それぞれ準備をしました。

初めのうちは、お互い遠慮しているのか、
緊張感も伝わる雰囲気のアップグラウンド
でしたが、空の雨雲が切れ始めると共に
あっという間に各チームの選手たちの表情
が笑顔にかわり、選手同士でトレーニング
をしたり、野球談議に花が咲いていました。

スタッフ、父兄の皆さんには、できたて
アツアツの焼きいもを、おもてなし。
皆さんに喜んで頂けたようで何よりです。


昼食タイムは、みんな最高の笑顔。
普段はライバルの選手たちですが車座に。
愛情いっぱい詰まったお弁当を頬ばり、
選手同士すっかり打ち解けていました。



御礼。
足元の悪い中、朝早くからおいで下さった、
各チームのスタッフ、父兄、そして選手の
皆さま方、全ての皆さまのご理解とご協力
のおかげで、無事、大きな事故もなく大変
盛り上がり、有意義な1日となりました。

選手たちもお互い、技術は勿論のこと、
このような機会を通して心の交流もできた
ことは、大変貴重な経験になったことと
思います。

横浜瀬谷ボーイズ、横浜青葉ボーイズ、
横浜港ボーイズ、横浜ボーイズ、
綾瀬ボーイズ、習志野ボーイズ、
浦安ボーイズの皆さまへ

この場をお借りして御礼申し上げます。

千葉中央ボーイズ 一同。

練習のち、練習。

連休の中日です。

午後から、紅白戦を行いました。
午前中に取組んだ練習のケース。
紅白戦の場面でも実践できるか。

できたことや、できなかったこと。
自分で振り返り、悩み、考え、前に進もう。

明日は、神奈川と千葉からボーイズのチーム
からたくさんの選手を迎えて、練習試合です。

母、顔晴(がんば)る。~栗ひろい~

母、恒例の栗ひろいへ!

練習の合間に、この季節恒例の栗ひろい。
真剣な眼差し、最高の笑顔です!

「桃栗3年、柿8年」と言いますが、、、
芽が出て、実がなるまでの年月のこと。
つまり、何事も成し遂げるまでには、
相応の年月が必要だというたとえです。

中学生活も、わずか「3年」。
この、長いようで短い3年の間に、
子ども達はどんな実を結ぶのか。

たくさんでなくていいから、、
自分らしい実を結んで欲しいと
心から願います。

千葉中央ボーイズというチームを通し、
野球や野球以外のことなど、
実にたくさんのことを学び、今まさに、
子ども達はそれぞれが、
大地にどんどん根を張っています。

風が吹いても倒れない。
そんな大木になることを夢みつつ、
秋のごちそうを楽しくひろう、
母たちの恒例のイベントでした。

帰宅後
夜の食卓は、秋の味覚でいっぱいです。
栗ごはん最高でした。
さて、ごはんがおいしい季節です。

晩夏の空の下で。

連休初日。
雨が上がり、鳥たちが鳴き始めると
それを追うように、グラウンドにも
子どもたちの声が響き始めました。

夕暮れ時、きれいな空が広がりました。

1度きりの今年の夏に、何かを残そう。
だから明日もまた、ここで会おう。

秋が、足早に近づいてきます。
夏に追い越されぬよう、走り続けよう。

本日の練習締めくくり。
本日の、練習の締めくくりは、”RUN”でした。
バッターボックスに右バッター、左バッターが
ふたりで向かい合い、”SWING”&”GO”。
なんだか、少しずつではありますが、
日増しに仲間同士の息も合ってきている。
そんな気がします。


STAFFの横顔。
最後は、コーチの紹介です。
夕焼け雲をバックに練習を見つめるのは、
”高嶋ピッチングコーチ”。
いつも穏やかに子どもたちの成長を
見守ってくれています。